海外旅行の旅行準備

スーツケースへのパッキングは、ルールに従って入れていくことで、使いやすく、運びやすいスーツケースにすることができます。

海外旅行の旅行準備

パッキングのルール

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツケースに荷物をパッキングするときには、ルールがあります。
荷物の中で、何が重くて何が軽いか大まかに分けておきましょう。
そして、重いものはスーツケースの下の方に、軽いものは上の方に入れます。
キャスターがついている方とフタの方に分かれている旅行かばんの場合は、シワになりやすいジャケット等の衣服をフタの方に入れましょう。
複数ある場合は、袖を出した状態で重ねていき、最後に袖をしまいます。
Tシャツやセーターなど、シワになりにくいものや、タオルなどは、くるくると巻いて緩衝材がわりにすき間を埋めます。
割れ物は衣類で包めば一石二鳥です。
小さな袋を多数用意し、洗面具、化粧品、下着、クスリなどに分けてまとめましょう。
中身が見えるタイプの袋が便利です。
往路のスーツケースがスカスカで、中身が動いてしまう場合のアイデアとしては、靴の箱などを入れて持っていくといいでしょう。
荷物が増えれば現地で捨ててもいいし、観光中に買ったお土産がこまごましている場合は小物入れのようにして帰ってこられます。
旅行の途中、ホテルでスーツケースからものを適当に取り出していると、出発前にまたパッキングが大変です。
ですから、その都度出したものを元の位置に戻すことを習慣にするだけで、あとがずっとラクになります。