海外旅行の旅行準備

パッキングにはコツがあります。まず、一日か二日分の着替えを手荷物に入れる、行きは容量の3割ほど空けておくことです。

海外旅行の旅行準備

観光旅行のパッキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょうど良い旅行かばんが決まったら、次はパッキングです。
荷造りが楽しいという人もいれば、一番めんどうくさいという人もいますが、あなたはいかがですか。
旅慣れている人でない限り、海外旅行の荷造りには何時間もかかってしまうものです。
とはいえ、いくつかのコツを押さえればあとはそれほど難しいことではありません。
ここでパッキングのコツをいくつかご紹介しましょう。
ひとつは、万一に備えて、一日か二日の着替えは機内持ち込み手荷物に入れておくことです。
バゲージクレームにて待てど暮らせど荷物が出てこない、問い合わせてみたら間違えて別のところに行っていた、といったロストバゲージは、じつはよくあることなのです。
送り直してもらい、数日後には手元に届くのですが、その間の着替えがなく困る人が多いとのことです。
同じ理由で、洗面具や持病の薬なども必ず機内持ち込み手荷物の方に入れるべきです。
それから、往路のスーツケースの中身はぎっしり入れないことも大切です。
3割くらいの空間を残して詰めましょう。
また、ナイロン製または布製のバッグを入れておき、荷物が多い時に使えるようにしておきましょう。
観光の帰りは必ずと言っていいほど、買ったものやお土産で荷物が増えてしまいます。
行きは7割程度でちょうどいいのです。