海外旅行の旅行準備

旅行かばんの大きさは、旅の長さと目的によって持ち物の量が決まりますから、それに応じて決めましょう。

海外旅行の旅行準備

旅行かばんの大きさを決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここで、スーツケース選びの際に気になる、大きさの決め方について考えてみましょう。
観光旅行だと、お土産や自分が欲しいものをいろいろと買うため、帰りの荷物が増えます。
倍になってしまうこともあります。
逆に、スキー旅行に行くとなると、ウエアや靴、手袋や帽子やゴーグル、行きの荷物が半端でなく多いです。
また、出先でちょっと気のはるレストランやオペラハウスなどに行きたい場合は、ネクタイやスーツ、ワンピースや靴など、普通の着替え以外に必要なものが多くなってしまいます。
このような例外があれば別なのですが、一般的な観光旅行の場合であれば、1日から3日の旅行で48センチから59センチ、4日から6日の旅行なら60センチから72センチ、7日以上であれば73センチ以上、というのが目安です。
ただ、迷う場合は大きめを選んで間違いないと思われます。
そして、もうひとつ意外な要素があります。
それは、預け荷物のスーツケースが破損した場合、航空会社が保障してくれるのですが、保障を受けやすいのは布製のソフトケースより、硬いハードケースの方だということです。
運搬中の荷物の扱いというのは本当にひどく、破損はよくあることです。
ハードケースの方が壊れにくい上、壊れた時にはへこむ、割れるなど、わかりやすい壊れ方をするので、証明がしやすいようです。