海外旅行の旅行準備

スーツケースは軽いほうがいいのですが、治安のよくない地域への旅行ではセキュリティを重視します。

海外旅行の旅行準備

スーツケースとセキュリティ

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事で取り上げたとおり、飛行機の預け荷物重量制限の関係で、旅行かばんにたくさんのものを入れたい人は特に、軽い素材で出来ているスーツケースがオススメです。
ただ、アメリカを経由したり、南米などに行く時は、セキュリティ重視でいきましょう。
スーツケースからめぼしいものを抜き取られることが多く、しかも空港職員が関わっている疑いもあるような事例が多いです。
布素材のスーツケースやカバンは、ドライバー一本でエル字型に切り込みを入れられ、手探りされます。
もっとも、頑丈なスーツケースでも、パソコンなど貴重品が入っていることがわかれば、こじ開けてすき間から手を入れてさぐるようですので、どのようなスーツケースかにかかわらず、貴重品は入れてはいけません。
こまごましたものは大きなナイロン袋に入れてから詰める、開けてすぐのところには下着など詰めておく、スーツケースの鍵側に布製のガムテープを貼る、などの対策は全て、犯罪者が素早くモノをとるのを邪魔するためで、手間取るようであれば犯罪者もあきらめてほかのターゲットを探します。
また、スーツケースベルトや派手な布のベルトをまいておくことも、荷物の紛失防止とともに、いかにも観光客の荷物で何もいいものが入っていないふうに見せるのに役立ちます。